業者による審査

申し込みの手続き

クレジットカード現金化を行っている業者は、どこでも「審査不要」が基本です。
では審査自体は不要でも、必要な提出書類はあるのでしょうか。
これについても、どの業者においてもほぼ共通で、次の2点となっています。
1つ目は運転免許証や住基カードなど、写真付きの身分証明書です。
そして2つ目は、現金化に利用するクレジットカードです。
WEB上で必要事項を入力したうえで、これら2点の裏表を撮影してその画像を業者に送る流れになります。

ここで少し気になるのは、審査が不要なのに、なぜ身分証明書などの提出が必要になるのかということではないでしょうか。
理由としては、偽造カードや盗難カードではないかということ、そして利用申込者と実際に利用するクレジットカードの名義が一致しているかの確認ということが考えられます。

「審査不要」でも安心して利用するには

まずなぜ審査が不要かと言うと、クレジットカードの現金化を行っている業者は「金融業」に該当しないためです。
お金の貸し借りが発生するわけではありませんよね。
あくまでもクレジットカードのショッピング枠を利用して利用者が買い物し、その商品を現金化、もしくは購入額に応じてキャッシュバックするという流れです。
なので審査は不要となります。

その手軽さ故に、悪徳業者に引っかかってしまうことがあるのも事実です。
商品を購入したのに現金が振り込まれなかったり、申し込み時に提出した個人情報が悪用されたり、といった被害にあうことが実際にあるのです。
その業者の実績等を調べてまとまられているようなサイトも多々あります。
急いで現金化したいという場合にも、口コミや評判を十分調べて、ちゃんとした業者を選ぶことには慎重になりましょう。
実際にその業者に電話してみてその対応を確認してみるというのも一つの方法だと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る