大阪の示談交渉なら早めに交通事故専門弁護士に相談を

subpage1

大阪には交通事故問題に強い弁護士の先生がいます。
大阪の交通事故弁護士の先生は、被害者になってしまった方の味方という立場で相手方との交渉を代行しています。
交通事故が起きたら、まず第一に怪我人の救護そして警察への届け出も必須です。警察への届け出は、物損だけとか怪我の程度が軽いと思っても必ず必要です。
警察では、事故が起きた経緯や目撃者の情報などを整理し実況見分をします。
その結果事故に事件性がなしとされれば、警察ではそれ以上の介入はなく事故の解決策については当事者間に委ねられます。

交通事故の当事者は、賠償金額などを中心に和解の方法を話し合って決めます。
この話し合いが示談交渉です。


示談交渉では、被害者が被った損害について治療費や物損、休業損害、精神面の苦痛など項目ごとに整理し金額を把握します。
そして、過失割合を鑑みた賠償金の額が決まります。

よく利用されている大阪の弁護士が最近こちらで話題になっています。

過失割合というのは、交通事故が発生した時に当事者のそれぞれにどの程度の落ち度があったかを数字で示すものです。そして、実際に被った損害のうち自分の過失割合分は差し引いて相手に賠償請求する過失相殺が行われます。つまり、過失割合が大きいと相手に請求できる賠償金の額が少なくなってしまうということです。


過失割合についても、示談交渉の中で決定します。

安心安全の朝日新聞デジタルの情報がいっぱい詰まったサイトです。

その時に参考にされるのが、事故発生時の警察の実況見分の内容です。


大阪の交通事故専門弁護士の先生は、交通事故に遭ってしまったらできるだけ早く、警察の実況見分までに連絡を入れて相談することを勧めています。