TOP > 注文住宅の際に気をつけたい窓の問題

注文住宅の際に気をつけたい窓の問題

自分自身のマイホームを作る時に、どうせなら注文住宅を作りたいと考えている人は少なくないはずです。

できあがった戸建てを購入する分譲住宅とは違い、1からつくりあげることができる注文住宅ではちょっとしたことに気をつけないと、金額がどんどんふくれあがっていきます。そんな中、予算を削ることができるのが窓です。

最近、流行している丸いガラスのはめごろしのガラスは1枚10万円とも言われています。月見窓とも呼ばれていて、憧れている人も多いです。
必ずしも月見窓をつけたい人ばかりではないはずですが、高い窓、高いガラスが存在します。

例えば、例えば、種類をあげると、空気の通風に便利なオーニング窓、横滑り出し窓、洗面、風呂場に仕様されるルーバー窓、電車窓とも呼ばれるダブルハングの上げ下げ窓、はめごろしのピクチャーウィンドーなどがあります。
一般的な窓と比べると個性的な窓にするだけで値段が高くなります。

高崎の工務店の情報がてんこ盛りのサイトです。

また、見た目を気にして天井までの大きさにするとガラスが大きくなる分、また値段も高くなります。

枚数にしてもそうです。



注文住宅ではどこに窓を配置するかも自由なのでたくさん配置するほど高くなります。配置した後に予算を見て減らしたりグレードを下げたりすることもできますから、最初は好きなように設置してみるのがいいかもしれません。もちろん、細かい部分にこだわることで家も素敵に見えるので、妥協できない部分もあるとは思いますが、窓は意外と高くつくので注意する必要があります。